<< 委託販売の会計処理には期末一括法とその都度法がある | main | 社債の償却原価の認識のタイミング >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.06.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    自社利用目的のソフトウェアは自分がソフト買って使うイメージ

    0
      自社利用目的のソフトウェアは、ただソフトを買ってきて使用するだけである。通常は、使うだけだから、販管費で処理してしまえばいいような気がするが、「将来の収益獲得または費用削減が確実」であれば、資産計上ができる。(無形固定資産)それが不確実である場合は、販管費で処理する。それプラス、導入に当たっての設定作業や自社仕様に合わせるものは取得原価に含めることができ、データのコンバート(移し替え)やトレーニングは販管費で処理する。

      気になるワード
      FX防音婚活黒糖そら豆携帯ストラップ
      過払い花粉症メンズエステみつ姫バレンタインデイ
      ダウンジャケットサウナスーツクーポン券かつらiPhoneFX初心者

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.06.11 Saturday
        • -
        • 10:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>
        PR
        お勧めのサイトブログ
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM